bnsgt's diary

個人的な備忘と日記

猫ちゃん迎えて1ヶ月で思ったこと

ペットなんて飼ったことなかったけど、念願の猫ちゃん迎え入れて1ヶ月。 思っ たことなどを綴る

迎えるまで

ペットショップにした理由

1度だけ里親サイトから問い合わせたけど、 やっぱり男性のひとり暮らしは敬遠されがち。 家族と一緒の方が良いと断られた。

自分ももちろん不遇な猫が減った方が良いと思っていて、種類にこだわりは無かった(むしろ雑種のほうがオリジナリティ溢れて素敵と思う)ので、 ペットショップよりは保護猫を検討したかったけど、中には源泉徴収や飼育後のチェックなどもあるらしく、 対猫以外のストレスが正直しんどそうなんで、里親や保護猫ではなくペットショップにしようと思った。

種類は何にしようか

長毛腫は見た目も優雅な感じがして、性格も温和な子が多いようで、長毛が良いかなって思ったこともあったけど。 長毛は、お尻周りにうんちがついて、そのまま部屋を徘徊されてヤバいことになったり、 ブラッシングを毎日くらいしないといけないそうで、しかもブラッシングを嫌いな猫もいるようなので、 毎日ブラッシングめんどくさい&苦痛な感じを味合わせるのも酷なんで、短毛が良いかと思った。 ベンガルとかは運動量多すぎて今の部屋では可哀想なんで、野性味がありすぎない程度の短毛の子が良いかなと思った。

性別

調べて、ざっくり

  • メスは落ち着きがあるけど神経質
  • オスはなつきやすいけどやんちゃ

これはどっちも良さがあってどっちでも良かった。 子猫を見てフィーリングで決めようと思った。

ペットショップ巡り

実際飼うまでの数ヶ月、近所のペットショップ数件をチェックし、 見に行ったりしては、なんかぐっとくる子がおらず、迎え入れるには至らなかった。

意外と猫ってそこまで流通しておらず(?)、サイトをチェックしても入れ替わりがそんなに激しくない。

別に焦っているわけではないけど、「選んでたらいつまでも飼えへんまんまやな」ってのが脳裏をよぎる。

ついに出会う、、!

短毛が良いと言いつつ、サイトで見たチンチラシルバーがすごく可愛くて、 「いつまでも選んでてもしゃーないし見に行って良いって思えたら、このこにしよう」とか思いつつ、 ペットショップに出向く。

チンチラシルバー実際見たらやっぱり可愛かったけど、 その斜め上にいる、アメリカンショートヘア(ブラックスモーク) という一見アメショに見えないブラックでスモーキーな佇まいの子猫が、目についた。

手をかざすと、ピョンピョンしてめっちゃ良いリアクション!

その日は遅かったので一旦帰って、翌日そのアメショを抱っこさせてもらった。(結構街にあるペットショップで、カップルだらけでおっさんひとりで猫抱っこさせてほしいと伝えるのがちょっと恥ずかしかった)

抱っこさせてもらう時に肉球に触れた時に「この子や!」というような電気が走ったような感じがして、迎えることを決めた。

迎えてから

可愛いだけじゃなく、実益もある

念願の猫ちゃんだったので、もちろんくそ可愛い。

勝間和代さんのYouTube曰く、以下の効用があるらしい。

  • なでるとオキシトシンが出て、健康になる
  • ごろごろで癒やされる
  • 自分より小さなものを世話をすることで生きがいなる

勝間和代の、猫と暮らすと幸せになれる3つの効用

www.youtube.com

特に3番目の「自分より小さなものを世話をすることで生きがいなる」は身をもって体感した。 一人暮らしが長く、家に帰っても、誰に遠慮することもなく好きな時に外出して、好きな時に寝れたけど、 猫ちゃんの餌やトイレの掃除などは、最優先でやらないといけないので、多少面倒ながらも「自分がやらないとこの子の世話は誰がみるん」と、そんなことを思いつつ実行できていると、自然と自己肯定感が増した気がする。

掃除、整理整頓が前よりマメに

今まで掃除機とか週1すらかけなかったけど、普段猫ちゃんがごろごろ寝転がる床なんで、今は毎日かけるようになった。ロボット掃除機も購入検討しないと

あと、整理整頓しないと、目新しいものは容赦なくちょっかいかけてくるんで、さっさと片付けるようになった。

台所の流しもジャンプで乗ってくるんで、よくも悪くも洗い物は置きっぱなしにできなくなった。

まだ小さいので、長時間の外出はできない

まだ4ヶ月なんで、1歳くらいまでは、長時間の外出はできなさそう。 幸い仕事はリモートでやらせてもらえてるんで、子猫ファーストでしばらくはしみじみ生活する。

広めのケージを購入したんで、今それに慣れてもらってる最中。(良い感じにくつろいでくれてる)


f:id:bnsgt:20201004232210j:plain

ああ可愛い

今んところはこれくらい。 また綴ろうと思う