bnsgt's diary

個人的な備忘と日記

年月の選択によって、選択可能な日付が変更されるプルダウン(うるう年判定付き)

inputタグの type=”date” は使わず、年・月・日のプルダウンを分けて、作成したい場合についてのメモ

方法

  • 年が変わるとメンテが必要だったりするのでHTML側には、selectタグ内のoptionを直接記述せず、JavaScriptで生成する。
  • 1月は31日まで、2月は28日まで・・といった具合に、年月によって選択可能な日付は異なるため、年月を変更した際に、yearMonthChange()を呼び出しoptionタグを生成し直す。
  • 年or月だけ変えたいのに、もともと選択していた日付がリセットされるとユーザビリティがよくないので、option生成後には、もともと選択していた日付を選択するようにする。
  • 今回は、submit時「現在より未来の日付は選択できない」ようにバリデートした。必要に応じて、formSubmit()の中身を書き換える。

HTML

<form name="formDate" onsubmit="return formSubmit();">
  <select id="js_year" name="selectYear" onchange="yearMonthChange()"></select><select id="js_month" name="selectMonth" onchange="yearMonthChange()"></select><select id="js_day" name="selectDate"></select><input type="submit" value="送信">
</form>

 

JavaScript

/**
* optionタグ生成
* @param {Number} num 
* @param {String} parentId 生成するoptionの親selectタグのid属性
*/
function createOptionElements(num,parentId){
  const doc = document.createElement('option');
  doc.value = doc.innerHTML = num;
  document.getElementById(parentId).appendChild(doc);
}
 
 
/**
* 年月日を yyyymmdd に整形
* @param {Number} y 
* @param {Number} m 
* @param {Number} d 
*/
function yyyymmdd(y, m, d) {
  var y0 = ('000' + y).slice(-4);
  var m0 = ('0' + m).slice(-2);
  var d0 = ('0' + d).slice(-2);
  return y0 + m0 + d0;
}
 
 
/**
* 年 or 月変更時
*/ 
function yearMonthChange() {
 
  const selectY = document.getElementById("js_year").value;
  const selectM = document.getElementById("js_month").value;
  // 日付のみ変更するので、letで宣言
  let selectD = document.getElementById("js_day").value;
 
  // 月により、最終日を変更
  switch (selectM) {
    case "1":
    case "3":
    case "5":
    case "7":
    case "8":
    case "10":
    case "12":
      lastDay = "31"
      break;
    case "4":
    case "6":
    case "9":
    case "11":
      lastDay = "30"
      break;
    case "2":
      // 2月のみ、うるう年判定をする
      if (selectY %4 === 0 && selectY%100 !== 0 || selectY % 400 === 0 ) {
        lastDay = "29"
      } else {
        lastDay = "28"
      }
      break;
    default:
      lastDay = "31"
      break;
  }
 
  // 選択可能な日付を変更(いったん空にしてから、optionを生成する)
  document.getElementById("js_day").innerHTML = "";
  for (let i = 1; i <= this.lastDay; i++) {
    this.createOptionElements(i,'js_day');
  }
 
  // もともと選択していた日付を選択した状態にする
  if (lastDay <= selectD) {
    // 選択していた日付が変更後の年月にない場合、存在する最後の日を選択させる
    selectD = lastDay
  }
  document.getElementById("js_day").value = selectD
 
}
 
/**
* submit時
*/ 
function formSubmit() {
 
  const date = yyyymmdd(document.getElementById("js_year").value,
    document.getElementById("js_month").value,
    document.getElementById("js_day").value);
 
  // 現在より未来の日付は登録出来ないようにしたい場合
  const now = new Date();
  const nowY = now.getFullYear();
  const nowM = now.getMonth() + 1; // getMonth()のみ0から始まる整数を返すので、+1する
  const nowD = now.getDate();
  const nowDate = yyyymmdd(nowY,nowM,nowD);
  if ( date > nowDate ) {
    alert('現在より未来の日付は登録出来ません');
    return false;
  } else {
    return true;
  }
 
}

window.onload = function() {
 
  // 現在から何年まで遡って、プルダウンを出すか
  let mostOldYear = 1960;
  // 日付の最大値の初期値
  let lastDay = 31;
  // 現在年取得
  const nowTime = new Date();
  const nowYear = nowTime.getFullYear();
 
  // 年月日それぞれのselectタグに初期option生成
  for (let i = nowYear; i >= mostOldYear; i--) {
    createOptionElements(i,'js_year');
  }
  for (let i = 1; i <= 12; i++) {
    createOptionElements(i,'js_month');
  }
  for (let i = 1; i <= lastDay; i++) {
    createOptionElements(i,'js_day');
  }
 
}